リレンザとタミフルにはどんな違いがあるの?

リレンザとタミフルはどちらも抗インフルエンザウイルス薬として販売されている薬で、ノイラミニダーゼ阻害薬に分類されます。同じ作用機序となっており、インフルエンザウイルスが持つタンパク質を切断する酵素ノイラミニダーゼを阻害することで、増殖することを防ぎ細胞内に閉じ込める効果があります。基本的にインフルエンザが発症してから48時間以内の使用が推奨されており、時間を超えて使用してもウイルスが増殖しきっていることからあまり意味がないとされます。2つの治療薬の違いとして大きな点は剤形にあり、リレンザは有効成分のザナミビルを専用の吸引器で吸入するようになっており、タミフルは有効成分のオセルタミビルを錠剤として飲みます。リレンザの優れた特徴は、吸入することで薬剤が喉の粘膜から吸収される点で、吸入から数十秒で素早く効果が発揮されます。また、携帯性があり持ち運びがしやすいのと、水が必要ないことから場所を限定せずに使用できます。対するタミフルは錠剤であるために、飲むには水が必要となり、どこでも良いというわけにはいかないのが欠点で、即効性もありませんが吸収されると血液に溶け出して全身に作用するというメリットがあります。小さな子どもやインフルエンザが重症化して呼吸が苦しい人では、リレンザの吸入器で吸引するのは困難で、使いどころが難しいというデメリットがありますが、タミフルは水で飲めば良いだけなので、小さな子どもでも飲ませることが可能です。年齢や症状によって使用条件が異なり、厚生労働省では10~20歳未満の子どもには、副作用の問題からタミフル使用しないように指導されているため、医師の判断でどちらを使用するか選択されるようになっています。
リレンザなどの薬の特徴を知ることも大切ですがインフルエンザの感染について経路はどういったものがあるか?なども覚えておきましょう。

当サイトより、詳しくリレンザとはどういうものなのかを解説しているサイト様