空気乾燥でインフルエンザになり抜け毛とリレンザ

空気が乾燥する冬の季節になると、 お肌がかさかさするので、ニキビなどの肌荒れが起きやすくなりますが、それだけでなく、のどの粘膜の防御機能が低下するため、インフルエンザなどのウイルスに感染しやすくなります。
それを予防したいなら、外出時にはマスクを欠かさないようにしたいですし、家に帰ったらすぐに手洗いやうがいを行い、体内へのウイルスの侵入を防ぐことが大切です。
また室内では加湿器をつけるなどして、お部屋の空気を乾燥させないようにしたいですね。
エアコンをつけっぱなしにしていると、空気がどんどん乾燥してしまうので、のどの粘膜が弱ってしまいます。
適度に保湿すれば、ウイルスに感染しにくくなるので、加湿器がない場合は、水で濡らしたタオルを部屋に干すようにしましょう。
予防に気を使っていたにもかかわらず、インフルエンザになってしまった場合は、リレンザを使えば、短期間で症状を抑えることが出来ます。
発症から48時間以内に吸入すれば、リレンザに含まれた成分が直接気道に作用し、インフルエンザウイルスの増殖を抑えてくれるので、早く回復できるでしょう。
リレンザは便利な薬なので、冬が近づいたら、個人輸入代行通販で買っておくと安心です。

インフルエンザに感染すると、抜け毛が増えることがありますが、これはウイルス感染による、一時的なホルモンバランスの乱れによって起こるので、それほど気にする必要はありません。
ホルモンバランスが乱れると、誰でも抜け毛が増えますが、回復とともに治まるので、安心するようにしましょう。
回復した後も、いつまでも抜け毛が多いようなら、これはインフルエンザのウイルスが理由ではなく、普段の生活習慣や、AGAなどが原因だと思われます。
暴飲暴食や喫煙などの生活習慣を改めたり、AGA専門病院などへ行って、治すようにしてください。