リレンザとインフルエンザを予防する人との接し方

インフルエンザになった場合、治療や予防に役立つのがリレンザという薬です。リレンザはインフルエンザウイルスに直接作用して、ウイルスの増殖を抑える働きがあります。粉末状の吸入薬のため専用の吸入器を使って口から吸い込み、インフルエンザウイルスの増殖部分である気道に作用させます。リレンザをインフルエンザの感染初期に使用することで症状の軽減や治るのが1~2日早くなることが期待することができます。
リレンザは効果的な薬ですが、まずインフルエンザに感染しないように予防していくことが大切です。
周囲の人がインフルエンザに感染してしまった後の接し方を気をつけていれば感染を予防することができます。
接し方に気をつけるためには、まず自分が感染しないようにする必要があります。そのためにはこまめな予防を行なっていくことが重要です。飛沫感染を防ぐためにマスクを着用し、帰宅後はうがいをすることで予防効果は高まります。手洗いによる消毒も有効です。人は手にウイルスを着けてしまうことも多いため、患者以外が感染している人が触ってしまった部分に接触してしまうと接触した部分を通して体内に侵入させてしまいます。つり革やドアなど患者が触れた部分を避けることは難しいため、帰宅したらきちんと手を洗って消毒することで体内に侵入するのを防いでいきます。
また、自分が感染してしまった場合の周囲の接し方も大切となります。なるべく外出しないようにして、家で大人しくしていることが無難ですが、どうしても出かけなくてはならないという場合にはマスクをしてウイルスをばらまかないようにし、くしゃみが出る場合には飛沫を飛ばないようにティッシュや手を添える、手で覆った場合は除菌をするなどが大切です。