インフルエンザの対策とリレンザで治るのか

毎年のように世界では様々な感染症が話題になります。特にウイルス感染では重篤な症状に見舞われるほか、命の危険もあるので世界中の人々が高い関心を寄せています。またこうしたウイルス感染症は、空気感染や飛沫感染、接触感染などによって感染が拡大するのが恐ろしいところであると言えるでしょう。エボラ出血熱などは感染が急速に拡大し、多くの人を死の恐怖に陥れました。また最近ではインフルエンザウイルスも巧みに変異を繰り返し、死の危険がある身近なウイルス感染として高い注目を集めるようになっています。インフルエンザウイルスは、日本では空気の乾燥する寒さの厳しい冬に大流行を見せます。インフルエンザ感染の対策として出来るだけ室内を乾燥させないように加湿器などを使い湿度を高めることが有効な対策であると言われています。しかし湿度を高くしたからと言って感染対策が万全ともいえません。人の体の免疫力や抵抗力が低下しているとウイルスは体内に侵入しやすくなるので、日ごろから睡眠や栄養を十分摂り免疫力を高めておくことも大事です。また最近ではリレンザを用いる予防対策も注目されています。感染者がリレンザを吸入すると、高い確率でインフルエンザが治るといわれています。リレンザは肺でのウイルスの増殖を食い止める効果に長けているので、インフルエンザが治るようになります。市販の風邪薬ではウイルスの増殖を食い止めることが出来ないので、治る事はありません。このインフルエンザの治療に長けたリレンザを、流行シーズン前に吸入しておくことでもインフルエンザ感染に万全に備えることができます。リレンザを吸入し、肺に薬を充満させておけば万が一ウイルスが肺に侵入してきてもそれ以上の増殖が見られず、高熱などの激しい症状に悩まされることはありません。